メインPCの更新

この度、メインPCをアップグレードしました。もともと

AMD FX-8350
ASUS 970 PRO GAMING/AURA

でした。FX-8350を4年以上使用していて普段使いでは全く不満はなかったのですが

(1)そろそろ飽きてきた
(2)Ryzen7のマイニング能力を見てみたかった
(3)エンコード能力を高めたかった

という理由から以下のパーツを購入しました。

AMD Ryzen7 1700
GIGABYTE AX370-GAMING 5

なぜAMDにするのかというとIntelの対抗勢力がいないと進歩が停滞すると考えているからです。Athlon以来のIntelに対抗しうる製品なので応援の意味もありました。

AX370-GAMING5はGIGABYTE製のX370チップセットというのが購入理由です。マザーボードは特別な事情がない限りGIGABYTE製にしています。安定性抜群であるというのが理由です。

以下の流れでシステムを更新しました。

1.ブートディスクのバックアップ取得
EaseUS Todo Backupを使ってイメージコピーをとりました。

2.ハードウェア交換
マザーボード、CPU、メモリーを交換しました。

交換前。水冷ユニットのラジエーターを冷やすファンは6年(PhenomⅡ1055T時代から)の稼働でほぼご臨終状態です。

新しいマザーボード

Ryzenのファンはでかい。(しかも光る)

ファンを装着する直前。RYZENのロゴがまぶしい。

3.電源投入
Windows10ではハードウェア構成を大幅に変えても新しい構成にうまく対応してくれます。(事前にマクロソフトアカウントへの紐付けが必要)

4.適宜ドライバーの更新

5.ライセンス認証
1~4がうまくいくと不要かもしれませんが私の場合はこれが必要でした。しかも何度やっても失敗するのでマイクロソフトのチャットサポートにヘルプを求めました。私のライセンスは元々Windows XP Mediacenter Edition(?)→Win7 Pro(アップグレードパッケージ) →Win10 Pro(無償アップグレード)という経過をたどったものでした。そのため何か問題があったのかもしれません。マイクロソフトのチャットサポートの対応は素晴らしく、30分で問題解決。問題解決のため、新しいプロダクトキーを教えてもらいました。


本当はここで「このデバイス上のハードウェアを最近変更しました」をクリックするとうまくいくはずだったのですが...

マイニング能力ですがNiceHash MinerのLegacy版で見るとCryptoNightが330H/s前後でFX-8350の約1.5倍で期待したほどではありませんでした。ただし、GTX1080も含めた消費電力が350W(FX-8350時)から270W弱へと大幅に低下しました。

エンコード能力はざっとFX-8350の2倍です。消費電力は約半分。

以下、メインPCの主要パーツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする