Baikal Giant NでAEONを掘る(Part Ⅱ)

Nicehashでの掘れ高がダダ下がりの状態でAEON掘りがメインになってきましたがこれにも問題があります。

1.AEONMiningPool.comが安定しない

Baikal Giant NにプリセットされていたAEONMiningPool.comを使用していたのですが、どうも安定しません。いつの間にかワーカーのリストからいなくなっています。

本当は6台あるはずなのに5台分しか表示されない

当然ながらハッシュレートも1台分ロストしています。

Baikal Giant NのWeb GUIにログインして様子を見てみます。

Rejectedが30%を超えています。どうもRejectedが一定の割合を超えるとプールの方で計上されなくなるようです。こうなると、miner(マイニングソフトウェア)をリスタートするか、ASICをオフオンするしか方法はありません。しかも10台あると1日に何度かこれが発生します。

2.aeon-pool.comを試す

さすがにうんざりしてきたので他のプールを探しました。googleで検索するとaeon-pool.comがあったのでそれを設定してみました。

miner設定でURLに以下の値を入れて後は概ねAEONMiningPool.comと同じです。

stratum+tcp://mine.aeon-pool.com:7777

今のところ(1日経過)ASICの切り離しもなく安定して稼働しているようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. daifuku より:

    ありがとございます

    僕も悩んでました 気が付いたら 消えていたので