Baikal Giant Nの電源について

Baikal Giant Nを勢いで発注してしまったのはいいのですが電源が大変そうです。

1台につきPCIe 6pinコネクターが3つ。10台で30です。普通のATX電源では分岐を使い倒したとしても容易な数ではありません。

コメントでご指摘がありました。(BK-Nユーザーさん、ありがとうございました)

Giant Nは1台につき3分岐のケーブルが1本添付されるとのことです。よってPCIe 6pin給電は1台につき1本分用意できればいいと言うことになります。以下の記事は手持ちのATX電源を持たない方が参考にしてください。

うちの手持ち電源は PCIe 8pin x4が2つと x2が2つとx8が一つです。x8がリグ1号機用なので外せません。リグ2号機を停止して全てのコネクタに分岐をかませても16コネクタがやっとです。

そこでhyperbananaさんで紹介されているParallelminerで探すことにしました。

まずはこれ。

サーバー用電源にPCIe電源が16本取り出せるアダプターとケーブル10本ついています。

さらにこれ。

先のキットに同梱されているケーブルのバラ売りです。5本購入すれば電源+ケーブル15本でGiant Nを5台まかなえます。さらにこれを2セット買えば10台まかなえます。

ということで購入。

商品合計:$176.50

送料:$58.00

合計:$234.50

代金支払いは仮想通貨(BTC、ETH、ZEC等)、振り込み、PaypalがありましたがここはPaypalで支払いました。

送料が余計な気もしますがPCIe電源供給としては完璧です。

後は騒音だけが心配です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. BK-Nユーザー より:

    はじめまして
    Baikal Giant NはPCI-E 6pinの3分岐コードが付属してきますので、
    1台につきPCIe 6pinは1口用意すれば大丈夫ですよ
    BK-Nを2セット10台購入であれば、PCI-Eを10口用意すれば
    付属の分岐ケーブルで10台分30口まかなえます
    ちなみに音や熱はGPUマイニングより静かで発熱もほとんど気になりませんので安心して下さい

    • papyrus68 より:

      コメントありがとうございます。
      そうだったんですね。Baikal Minerに確認すれば良かった。
      記事にもその旨反映します。
      ご指摘ありがとうございました。