LEMFO LEM4 PRO 3G スマートウォッチフォン

またまた買ってしまいました、スマートウォッチフォン。このゲテモノ感にどうも惹かれてしまいます。

1.主なスペック
基本情報 OS: Android 5.1
CPU: MTK6580
Cores: 1.3GHz
メモリー: 1GB
ストレージ: 16GB
ネットワーク ワイヤレス接続: 3G,Bluetooth,GPS,GSM, WiFi
ネットワークタイプ: GSM+WCDMA
周波数: GSM 850/900/1800/1900MHz WCDMA 850/2100MHz
GPS: 対応
Bluetooth: 対応
Bluetooth バージョン: V4.0
ディスプレイ タイプ: LCD
サイズ: 2.2 inch
解像度: 320 x 240
カメラ Camera type: 有り。130万画素
バッテリー 1200 mAh
同梱物 本体: 1
充電ケーブル: 1
英語マニュアル : 1
寸法、重量 寸法: 26.90 x 6.20 x 1.50 cm
重量: 0.0778 kg

特筆すべきはディスプレイサイズの2.2インチ。これだけあるとかなり視認性が良くなります。バッテリーもこのクラスの通常容量の3倍あります。また、ストレージの容量も16GBとこのカテゴリーとしては十分なサイズです。

2.梱包、外観

安定の角つぶれ

中身も簡素

ディスプレイ表面は保護フィルムが貼られています。左の丸い部分はカメラです。この位置だと普通にテレビの電話的に使用することができます。

背面は心拍モニターと充電用端子、写真ではわかりづらいですがナノSIM用スロットがあります。ベルトの質感はかなり安っぽいです。

右側面は左側(ディスプレイ正面から見て下側)は「ロック/ホーム/電源」ボタン。右側(ディスプレイ正面から見て上側)は「戻る」ボタンとなります。

左側面の出っ張りはスピーカーです。出っ張ってる必要性は特に感じられません。

充電ケーブル。平べったいきしめんのようなケーブルです。

3.本体の使用感

1.画面

ロック画面

2.2インチ、320×240ピクセルはやはり見やすいです。また、ぎりぎり文字入力も可能です。

ぎりぎり文字入力可能

Chromeブラウザ画面

Playストア画面

アプリの配列

2.操作

操作は普通のandroidスマホとほとんど変わりません。
ホーム画面を左にスワイプするとアプリ一覧が出てきます。後は直感的に操作できます。

3.パフォーマンス

ベンチマークを取ろうとしましたがAntutu 3Dが対応しておらずできませんでした。ブラウザ等アプリの操作は使用してイライラするようなことはありません。至って普通の使用感です。

4.バッテリー

朝7時30分に家を出て夜8時帰宅。SIM挿入、スマホ通知なしで帰宅時70%でした。つまり30%しか消費していません。翌日はSIM挿入、スマホ通知あり(Watch Droid Assistant稼働)46%で出勤し夜に帰宅した時は14%。なんと2日持ちました。1200 mAhバッテリー恐るべしです。

5.カメラ

とりあえず写るというレベルで何かを撮影して保存するという用途には全く向いていません。レンズの位置的にもテレビ電話で顔が写るとうれしいといった用途になると思います。

サラダを撮影しましたが輪郭が甘くてまずそうに見えます。

6.実使用した感触

腕に巻くと慣れるまで重く感じます。また、ベルトをきつめに巻かないとぐらぐら動くので不快に感じます。Apple Watchのように腕の動きで文字盤(ロック画面)が表示されますが腕の動きに対してツーテンポぐらい遅れて表示されます。これは透過型液晶を使ったスマートウォッチの宿命で気持ちに余裕がないときはイライラします。Amazfit paceのような反射型液晶の製品は画面は常に表示されるのでこのようなことはありません。このあたりは液晶画面の特性によるトレードオフと言えます。

Huami Amazfit Pace のレビューです。安価で高機能。日本語対応はしていませんが、それさえ気にならなければ相当な高コスパスマートウォッチです
4.スマホとの連携

スマホとの連携はWiiWatchというアプリを使用します。Google Playからもダウンロード可能です。手順的には以下となります。

(1)スマホとLEM4 Proの両方でBluetoohをオンにする
(2)LEM4 ProでConnectアプリを立ち上げる
(3)スマホでWiiWatchを起動し、設定(歯車型のアイコン)→Devie Management→Find Equipmentの順で操作する

これでスマホとLEM4がペアリングできるはずなのですが私の環境(UMIDIGI Z2 Pro)では接続できません。

色々試行錯誤したのですが結局WiiWatchでは接続できず、Watch Droid Phoneアプリを使用することになりました。そちらについては別記事をご覧ください。

中華Androidスマートウォッチ使いの救世主となり得るWatch Droid Phoneアプリの紹介/レビューです。
5.まとめ
見やすい、パフォーマンスそこそこ、バッテリーは1日以上持つし操作性も悪くないということで実用性は上がっています。ネタとしても大きなディスプレイが人目を引きガジェオタ的には良い感じだと思われます。後は価格との折り合いですね。単純に実用性だけでいうならAmazfit Paceがコスパ最強です。実用性+ゲテモノ感+単体通信可と言う意味ではLEM4 Proに軍配が上がるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする