パイオニア XDP-300R

ミュージックサブスクリプションサービス(定額配信サービスのこと)に対応するDAPを探していましたが、結局XDP-300Rにしました。

Amazon prime musicのお試し申し込んでからすっかりサブスクリプションサービスにはまってしまいました。今回は実売4万円以下で音楽配信アプリに対応したDAPを調べてみました。

決め手はバッテリー駆動時間が16時間と長いことでした。今のXDUOO X10はカタログスペックで10時間ですが実質はもっと短く感じます。このため他のDAPの10時間というのがどうも受け入れにくかったのです。

幸運にも楽天スーパーセールで32,000円で販売されているのを発見し、楽天ポイント12000pt投入して実質20,000円でゲットしました。価格comを見ると発売当初は7万円オーバーだったので3分の1ので購入することができました。

1.梱包、外観
(1)開封の儀
なかなか高級感のある箱です。発売当初7万円オーバーなので無理もないか。

内箱は少々トリッキーで、写真向かって右側がマグネットで張り付いています。これがわからないと箱を壊してしまうかも

内箱を開くと本体のお出まし。

ベルトを引っ張るとマニュアルとケーブルの入った箱が開きます。

(2)本体

本体液晶は出荷用保護フィルムが貼られています。

背面:金属テイスト全開です。

左側面はボリュームのみ

右側面:MicroSDスロット2個、早送り、再生/停止、巻き戻し、電源/ロック解除ボタン

上部:3.5mmヘッドホンジャック、2.5mmバランスジャック

下側面:MicroUSBポート、リセットホール

iphone6との大きさ比較。見た目はほぼスマホです。

2.スペックなど

公開スペックは以下のURLで確認できます。

https://pioneer-headphones.com/japanese/dap/xdp-300r/spec/

CPUーZで確認できるスペックは以下です。

SOC Snapdragon 801
周波数 2.27GHz
コア数 4
GPU Adreno330
ディスプレイ 4.97インチ
解像度 720 x 1280
RAM 1878MB
バッテリー 3806mv
3.使い勝手

(1)初回起動と設定

初回起動は多少時間がかかります。体感では10分以上同じ状態で、一瞬初期不良かと思いました。立ち上がった後は普通のAndroidスマホと同じ要領で設定すれば良いです。Wifiが必要なのでWifiのパスコードを用意しておいた方が良いです。

この状態が長い。

ここまで来れば後は普通のアンドロイドスマホと同じ

(2)レスポンス

SOCがSnapdragon 8xx系なのでミュージックプレーヤーとして使用する限りはレスポンスは必要十分です。その他の用途として試しにChromeを立ち上げたところ、爆速というわけではありませんが普通に使用できます。

(3)専用ミュージックプレーヤー

専用ミュージックプレーヤーはOnkyo HFプレーヤーに似た雰囲気です。普段からOnkyo HFプレーヤーを使用している人は違和感なく使用できるでしょう。各種プレイリスト形式にも対応しており、itunesで作成したプレイリストを変換して使用することが可能です。

ホーム画面:余計な物はありません。

ミュージックプレーヤー用ウィジェット:簡潔な操作画面が良い。

ほぼHFプレーヤーと同じ画面

プレーヤーアプリの設定その1

プレーヤーアプリの設定その2

プレーヤーアプリの設定その3

プレーヤーアプリの設定その4

OSの設定にもDAP設定がある

4.音質

バランス接続はまだ試していないのでアンバランスのみ。

IE80で聴くと比較的フラットでかつ解像感が高いように思います。これまで使用してきたプレーヤー(やポタアン)とはやはり一線を画します。手持ちのヘッドホンであるエレコムOH1000では解像感に加え迫力があり、OH1000ではこれまでのどの環境よりもいい音が出ています。

正直なところ、私の耳ではこれ以上良いDAPは不要ではないかと思います。

5.まとめ

入手価格(セールで32000円)が非常にお買い得だったこともあり、大変満足しています。保護フィルムやケースを購入して末永く使用するつもりです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする